因果関係を考える

よく、「叱る場合は一貫して叱らなければならない」と、しつけ本に書いてある。「同じ事をしても叱ったり、叱られなかったりするのは、犬を混乱させ、しつけにとってよくない」みたいなことが主旨である。でも、本当にそうだろうか?

先日、今年就職の大学4年生の長男がやってきて、それはちょうどミシェルのご飯の時間だった。サークルの中に居るため、もどかしがってキャンキャン騒ぎまくっていたミシェル。それを私が全く叱らないため、「うるさいんだけど、叱らないの?甘やかしすぎじゃないの?」と、言われてしまった。たしかに叱るときもある、「うるさい!」と感じた時や来客時など、「状況と私の気分」によって、叱ったり、叱らなかったりする。本来なら、一貫性が無いだめな接し方、ということになりますよね?

でも、それが「原因」でほんとうに犬がダメになってます?理屈ではなく、実際にどうなの?統計あるの?ミシェちゃんはスーパーいい子ちゃんですけど?(ウソ)

この仕事をはじめてから、「絶対こうだ」と思っていたことが、犬を育てていくうちに「あり?違うんじゃね?」と思う事が沢山出てきました。犬の幼稚園をはじめて4年目、小型愛玩犬を子犬から育てて2年目、新たに学んだことがたくさんあるし、今までの考えが覆ったことも数知れず、しつけ理論なんて、大概いーーかげんなものなんです。(お前が言うな、ってハナシ)

だいたいにして、「こういうふうにしつけましょう」と言われている、世に広まっている事で、実際に「証明」されていない」ことは沢山ありますから。そういうの見るたびに「実験して証明したんかい?」と思う私(お前が言うな・・・以下同文)。しつけ本の著者が「自分はそう信じてる」「常識的にそうだろう」という、「そう思っているから」というだけで、それが「真理」みたいに書かれている部分も、けっこうたくさんあると感じてます。

逆に、「続けていたらあきらかに改善が見られた」ということがあれば、論理的に説明がうまくできなかったとしても、「良い行動を引き出せた事実」として、広めていくべき「しつけ方の一つ」になります。そういった「根拠のあるしつけ方」を伝えていければいい、ドッグトレーナーもバージョンアップしていかないとね。
スポンサーサイト

いろいろダメダメ

今日は幼稚園のワンちゃんにお休みが多かったので(人間みたいにインフルエンザが流行ってるわけではない)超久しぶりに、スタッフと2人がかりでメイビスのブラッシング&アンダーコート除去をした

自分の犬にはあまり手をかけていない・・・プロにはよくあることと言われるが、グインもメイビスも、「お手入れされることが超苦手」である、育て方が悪かった以外の何ものでもない。爪切りをすれば、指までもがれた?というくらい「ヒャァアアーーンン!!ギャワワーーン!!」とくる。暴れはしないが、ブラッシングも嫌いなので、隙を見てテーブルから飛び降りようとする。

子犬のころから頻繁に洗ったり、爪を切ったり、ブラッシングをしていれば、こんなに嫌がることはないのである。トリミング嫌いの犬が来れば、お客様には偉そうに言っているのである、酷ければ断ることもあるのである。でも自分の犬だってダメダメじゃん!なのである、反省することしきりである。

そんなわけで、とても人さまにお任せできないシェパード2匹のトリミング、洗うのは1年に1回くらい(もっと少ないかも)、換毛期にブラッシングを数回、というレベルなので、とってもオイリーな触り心地である。アンダーコートを除去した直後は、洗わずともそれだけでサラサラな「感じ」になってくれる・・・というのは、単なる思い込みだろうか?

トイプードルのミシェルは、ついこの間までトイレのしつけができていなかった。トイレで排泄する、ということは分かっているのだが、興奮状態(来客、外出)になると適当なところでオシッコ・・・ウンチ・・・でも、これは慌てて叱っても良くならないので、失敗する前にトイレに誘導したり、ウンチをさせてから室内にフリーにしたり、あやしいときはオムツをつけたりと、対処療法をしていた。

ミシェルの「トイレがあちゃら」な状態はけっこう長く続き、スタッフやお客さんが見ている前で大失敗・・・ということが普通だった。こういうとき、ドッグトレーナーなのにダメダメじゃん・・・と思われてるんだろうな~と思いつつ、「ドッグトレーナーが犬の成長スピードを早められるわけじゃないし~」「今が可愛いからいいじゃ~~ん!」とニヤけている、馬鹿飼い主であった。

ところが、今年になって何がどうなったのか、急にミシェルはトイレの失敗をしなくなった。最初はまぐれだと思っていたが、幼稚園のワンちゃんたちと遊ばせるべく、犬部屋に連れていくと、毎回トイレで排泄するのである。全くだめだったウンチすらも!!トイレが成功することのほうがびっくりなので、「異常事態だ、エマージェンシーだ!」「ミシェちゃんがヤバイ、病気かも!」と、さんざん騒ぎ立てたら、スタッフに「そんな言い方~成功してるんだから喜ばしいことですよね?」とひんしゅくを買ってしまった。

とまあ、プロと言えども、実はいろいろダメダメなのである。

信念はあるけれど

我が家の美しトイプードルミシェル(このネーミングぜったいヤメロと、いつも言われる)は、来客の気配を感じると、含み吠えをしたり、激しく吠えることがあります。生後1歳くらいまではそういう吠えはなかったのですが、だんだん車のドアが閉まる音や、玄関のドアが開く音に吠えるようになりました。
mic01.jpg

ドッグトレーナーとして吠えの相談を受け、都度「きっとこうだろう」と見当をつけてアドバイスをしてきた私ですが、最近「こういう吠えは放っておいていい」と思うようになりました。特別うるさいと感じないし、いざ来客が室内に入ってきたら大歓迎のミシェル。吠えは興奮によるものと、家族に来客を知らせているようです。

犬が吠える生き物である以上、「完全に吠えない事を要求する」ことは、あまりに人間の勝手すぎる気がします。放置していてもとりたてて困った行動に結び付くわけでもないようです。これは、ここ数年小型愛玩犬と生活を共にするようになった経験から、そう思うようになりました、これは以前にはない考えかたです。

犬に関わって数十年、ドッグトレーナーとして皆様に「プロとしてのアドバイス」を行って14年ですが、言葉を話せない生き物の行動は「きっとこうではないか」と見当をつけて、乱暴な言い方をすれば「あてずっぽう」で考えるしかありません。理論はありますが、それだって数年もたたないうちにコロコロ変わるのはよくあること。

多くの犬と接し、観察してきた「経験値」と、自分の考えさえも疑ってかかる慢性的な猜疑心が、ドッグトレーナーとしての私を育ててくれています、それは今現在も、です。そうして経験値が増えるにしたがって、以前は否定的だった考えを、支持することも出てきました。すべては、「自分の信念」ではなく「良い結果に結びつくかどうか」を重視しているからです。

しつけに対しては個々のドッグトレーナー、獣医師によってそれぞれ「信念」があります。「ほめて育てること」だったり「しっかり服従させること」だったり、本当に様々です。でも犬は一頭一頭個性があるし、犬種特性も大きく影響します(犬種特性は無い、という信念もあります)私にも当然「信念」はありますが、かたくなな信念は障害になる、と40代後半になってから(今更ですが)思うようになりました。

私は基本的に、「犬が良くなるならなんだってする」というスタンスで、観察と実験を繰り返すタイプの訓練士です。そうしてやってきて、14年前の自分と今の自分は、ずいぶん犬に対する態度も、考え方も変化したと感じています。まだまだもっと、これからも変わっていくだろうと思います。

信念はあるけれど、自分の考えに固執せず、柔軟な心を失わずにいたいものです。

トイレのしつけは奥が深い

出張訓練をしません、と宣言してから半年以上経ちましたが、たまーーーにしつけの相談電話を受けることがあります。

先日受けたトイレのしつけのご相談は、「最初はうまくいっていたトイレのしつけが、急に失敗を繰り返すようになった」というもの。1日7回も8回も失敗するので、その始末をするのに疲れ果ててきた、という飼い主さんの訴えです。

実は、犬の排泄はかなりデリケートだと私は思っています、環境の変化、ホルモンの変化、いろいろなものに影響を受けやすく、完璧に定着するまで2~3年かかることも珍しくありません。自分の犬が「速攻で覚え、2度と失敗しない」タイプならいいのですが、「覚えたと思ったら、失敗したり、成功したり、をダラダラ繰り返す」タイプなら、開き直ってどーーーんと構える姿勢も必要です。それとは別に、覚えていたのにあちこちで失敗する、失敗の回数が増えてきた、と言う場合は、しつけ云々の前に「膀胱炎」を疑いましょう。

膀胱炎かどうかは、尿検査で簡単に調べることができます。尿の採取の方法ですが、動物病院で「オシッコ検査をしたいので、キットを下さい」と言うと、オシッコを取る注射器(針のないもの)とスピッツをくれます。貰ってきたら、トイレに敷いてあるペットシーツを裏返しにして、朝一番のオシッコ(量が大量で、確実に排尿するから)を採取すれば完了です。

電話相談の方のワンちゃんにも膀胱炎の疑いがあったので、「膀胱炎を疑って検査をお薦めします」と言ったら、「放置していたらどうなるのか」「健康診断は受けている」「なぜ膀胱炎などにかかるのか」と聞かれてびっくり。病気の可能性があると、少なくとも「専門家」に言われたのなら、病院に行ってみたらいいんじゃね?と思うのですが。

体の不調の可能性があれば、そこを白黒はっきりさせてから、しつけを考えるのが順番です。体調不良から起きている問題なら、しつけに費やす労力とお金の無駄になりますし、何よりも体調不良を放置される愛犬がかわいそうじゃありませんか?ちなみに、私が「膀胱炎じゃないか?」と疑って検査をしてもらったワンちゃんの70~80%が実際に膀胱炎だったので、私の判断もそうそう適当ではないのですよ。


テナントイメージ

テナントの内装の打ち合わせを行っています、さっさと決めて、さっさと工事、さっさとオープン・・・したいのは山々なのだけど、人手不足?着工までにはまだ時間がかかりそうなので、内装のイメージを盛り上げ中なのです。あ、看板はそろそろ出来上がりそうで、来週には新しい看板がデビューすると思います!

新店舗では、犬の幼稚園と週末トリミング、ドッグフードの販売、問題行動のカウンセリング、などの業務を行う予定です。イメージとしては、保育園や小児科のような、「清潔感」「軟らかさ」「明るさ」「居心地の良さ」を頭に浮かべています。ちなみに、ご存知の方もいるかもしれませんが、私はかなりの「不潔恐怖症」「汚物恐怖症」でございます。正直、動物を扱う仕事は汚物とは切っても切れない関係です、そういう意味ではあまり「向いていない」のではと自問自答するほど、排泄物や汚物、臭いに過敏なわたくし・・・

そこで、北野ドッグスクールの改装時に採用したのが「エコカラット」です。臭いを吸着、分解してくれ、湿度管理も行うという優れ物の壁素材でございます。スクールで使っているのは機能重視であまりお高くないものですが、新店舗で使いたいエコカラットはこちら!見るからに素敵です
kidsroom1.jpg

このエコカラット、施工は簡単ですが、少ない面積にちょこちょこ貼っても効果はなく、壁一面に貼らないと期待するだけの効果は得られません、当然コストがかかります 

2年前に改装した小型犬の部屋には、最初エコカラットは貼っていませんでした(高いので) ところが、ドッグホテルでワンちゃんを預かり、犬の幼稚園でワンちゃんを預かり、していると、どんなに掃除してもアンモニア臭が抜けない・・・臭いの元を探すのに疲れ果て、後からエコカラットを施工してもらったところ、臭いがぴたりとなくなりました!!

トリミング後の湿った空気(&臭い)も、数時間ですっきり爽やかな空間に戻ります。確かに一日中床を這いずりまわって掃除しておりますが、「こんなに犬が居るとは思えない」と、褒めて頂けるのは掃除だけじゃない、エコカラットの力だと思います。

とか偉そうに言っておりますが、予算もあるため画像のエコカラットを施工できるかどうかはまだ未定ですが、清潔で明るく落ち着きのある空間になるよう、店舗づくりを進めてまいります!!

スタバが不得意な珈琲党

大のコーヒー好きである

1日5杯飲む人は癌にならない、とかなんとか、健康飲料のように言われている珈琲であるが、高校生の頃からドリップでブルーマウンテン(毎回ではない)を買って飲んだりしていた、小生意気な娘っ子は、いまだに飽くことなくコーヒーを日々大量消費し続けているのであるが、どーーーしてもスタバが好きになれないのである、店頭で購入したのは1度だけだったと記憶している。

スタバのロゴも店構えも「カッコイイ!」と思う、最近は大学病院のカフェに入っているので、待ち時間にいくらでもスタバを買う機会はあるのである。次々にコーヒーやフラペなんちゃらを買っていく人々、老若男女を問わず、舌鼓をうっている姿を横目に、何度も「さあ、私もいざ買わん!」と思うのだけれど・・・

結局買わないで、自販機の100円カップコーヒーを買ってしまうのである。ちなみに、コストコで売っているスタバブランドのコーヒー豆(挽いているヤツ)は大好きで、買いだめするくらい、スタバの珈琲の味は大好きなのである。しかし、お店で買う事に躊躇がある、どうしてなのか、いまだ不明のままである。

生食(なましょく)について 始める動機と駆虫のはなし

2年前まで「完全生食」だった我が家のジャーマンシェパードですが、オスのグインのほうは、子犬のころから続く下痢、血便に悩まされての生食の選択でした。合うドッグフードが見つからない、加熱の手作り食も白米がだめ、何をどうしたら良いのか、悩んで悩んで、ノイローゼになりそうでした。

結局、羊、馬の肉を中心とした「生食」がピタっとハマり、2年間、生肉を基本として野菜、サプリメント、などを加えた食餌を与えていました。与えやすいようにスライスされた商品を購入したり、害獣駆除された鹿の肉を骨付きのブロックで購入し、「さばいて」1日分の小分けにして冷凍したりしていました。

DSC_0449.jpg画像:バーフダイエット、解凍するだけで完全栄養の生食が与えられます

脂漏症、肥満、腸の過敏性による消化不良、といった問題がなかなか解決しないワンちゃんは、生食にすることで劇的に改善する「可能性」があります。ただし、どんなに良いものでも、「合う、合わない」がありますので、試してみることが大事です。うまくいきそうだったら本格的に取り入れてみればいいことで、人間だって調理済み食品を購入して食べるわけですから、ドッグフードや、缶詰も併用していいのです。

生食を始める前に、私が怠ってとても後悔していることがあります、「駆虫」です

2017年から子犬を販売してわかったことですが、駆虫すべき腸内寄生虫は多岐にわたり、徹底しなければ下痢の問題は解決しないのです。私が今まで頑張って駆虫したのは「回虫」のみで、肝心かなめの「コクシジウム」「ジアルジア」は、知識の不足で駆虫を行ってきませんでした。懇意にしているブリーダーさんから助言を受け、全頭に駆虫を実施した結果、長引く下痢、消化不良で困ることが無くなりました、本当に驚きでした。

もし生食を始める動機が「下痢」である場合、そして子犬や若い犬の場合は、最低「コクシジウム」「回虫」「ジアルジア」の駆虫を行いましょう。コクシジウムは続けて2~3回、回虫は子犬の場合は1年間で6回、駆虫薬を投与します。ジアルジアはもう少しやっかいで、朝、晩2回を7~10日間与え続けなければなりません。

振り返ってみると、オスのシェパードの長く繰り返し続いた下痢は、コクシジウムかジアルジアだった可能性があります。5歳となって下痢をしなくなった今となっては確かめようもありませんが、コクシジウムに関しては、今後年に1~2回は、症状が無くても、定期的に駆虫しようと思っています。回虫に関しては、フィラリアの駆虫薬が効くため、回虫だけのための駆虫は必要ありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。