トリミングをしているときの幸せ

トリミングをしようと思いたち、営業を始めたのは、今から4年ほど前
※注)犬の場合、人間の美容室、床屋さんと違い、トリマー資格が無くてもトリミングでの営業ができます

何も分からずにするのはさすがにできなかったため、スタッフが紹介してくれた「専門学校の講師もしたことがある、トリミングショップのオーナー」という方に、毎週来ていただいて手ほどきを受け、できるところから少しずつ始めたトリミング。いざ始めてみたら、とても奥が深く、そして想像していたよりも100倍ハードな世界でびっくりしたものです。_DSC0007.jpg

大変なことその1
犬は人間の1000倍以上の毛があって、人間よりずっと汚れているため、きれいにするにも、乾かすにも時間がかかる

大変なことその2
犬は人間のようにじっとしていてくれない(大暴れすることも少なくない)ため、常に怪我をさせるリスクがつきまとう

大変なことその3
トリミング嫌いな子を扱うときは、こちらが怪我を負うリスクがある(咬まれたり、ひっかかれたり、頭突きをくらったり)

大変なことその4
飼い主さんにトリミングの大変さを理解してもらう事が難しいため、施術に時間がかかることや、施術できない(ワンちゃんの年齢、体調、暴れ具合などで)ことを説明すると、腕が悪い、プロなのにそんなこともできないの?と思われることがある。

私がトリミングを始めたのは40歳をとっくに過ぎていたため、体力が落ちたからこんなに大変だと感じるのだろうか?と思いましたが、トリミング学校の卒業生の7割がトリマーにならない、というお話を聞いて、「見るのとするのは大違い」の世界がトリミングなのだと、つくづく感じるのです。

大変なことずくしのトリミングですが、現在のところ自宅で行っているため、テナント料の支払いにおびえることなく、自分のペースでトリミングを続けています。ハードではあるけれど、見違えるほどきれいになったワンちゃんをお返しするときの達成感が半端なく、「あ~訓練士じゃなくてトリマーになれば良かった」と思うほど。とはいえ、訓練士のテクニックがトリミングに役立つことが多々ありますので、ぐたぐた言うのは無いものねだり、いつから始めたって「今の自分ができること」を積み上げていくことだ、と理解しています。
スポンサーサイト

お初、黒パグの女の子

写真撮るの忘れたー!って、いっつもそう、トリミングのビフォーアフターを「撮ればいい」ことはわかっているけど、作業に夢中になって撮らずに終わってしまう・・・

昨日初めて、シャンプーに来て下さったお客様、過去にトレーニングやホテルのご利用がない、本当の「お初」の黒パグちゃん。「アンダーコートをしっかり取ってほしい」とご要望です。ええ、ええ、言われなくとも「それが命」の私でございます、ガッツリ取らせていただきますよ~~!!

このパグちゃん、お太りになられていたので(めっちゃ、可愛いかった・・・)シワというか、皮膚のたるみを引きのばしてアンダーコートを取らなければならないんだけど、グイッと掴まれるのが厭なのか、ゴリゴリされるのが厭なのか、その両方なのか、「なぜあなたはそんなことをするのでしょう?」とばかり、恨めしそうな顔で逃げようとする。

自分のやりたい作業に夢中になりすぎると、嫌がるわんこがトリミングテーブルから落下する危険があるため、加減しつつ、なだめつつ、他の作業を挟みつつ、もくもくとアンダーコート除去を遂行する。どうも尻尾とお尻回りが苦手のようで、立たせても立たせても、その部分のブラッシングには「座って抵抗」される。

お互い初めて同士、犬だって「馴れてくればさせてくれる」ことも、初めての相手には難色を示すことがあるのは、当たり前。45分の除去作業で、10歳の高齢犬でもあるし、「こんなものか!」とキリをつけて、シャンプー。皮脂が多くフケが沢山だったので、クレンジングを1本多めに使って念入りに2度のシャンプー。これも、最初不安だったようで、立ってバスタブから出たいそぶりをしていたけれど、なだめて洗い始めると、気持ちよくなってきたのか無抵抗に・・・ああ、可愛い~

パグちゃんは抜け毛の多い犬種、アンダーコートは予想していたほど多くはなかったけど、決して少なくはない。45分除去作業して洗ったけど、シャンプー中も抜ける、抜ける!泡が黒く見えるのは、抜け毛なんだよね~

でも、意外とミニチュアダックスロングや、ゴールデンレトリーバーのような、柔らかい長毛のほうが、抜け毛が多いというか、常に抜け毛、シャンプーしても抜け毛、という子が多い気がします。ラブラドールレトリーバーや柴犬のほうが、しっかりアンダーコートを除去してシャンプーすると、抜け毛が気にならなくなるように、思います。

しっかり洗って乾かす、このときが大好き。ブロワーで水分を吹き飛ばしながら、お肌の状態をチェックすると、首の周囲に若干の赤味はあるものの、きれいな皮膚でコート(毛)も黒々、艶艶!油っぽく白く見えていたコートが、乾いていくうちに見違えるように光りだしました。ドライヤーは嫌いではないらしく、おとなしくさせてくれたので、作業は着々と進み、2時間で終了~

お迎えに来た飼い主さんは、「この子は犬見知り、人見知りなんです」と言っていましたが、うれしそうに近寄ってきてくれるので、それほどではないと思います。次回の予約をしていただいたので、来月また会える・・・ぐふふ、楽しみ(^ω^) ありがとうございました!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。