大型犬でペット保険に入っていない方、急いだ方がいいかも

大型犬も小型犬も、保険料に差がなかったアクサダイレクトのペット保険「いぬのきもち」が、なんと9月1日から大々的に変わります。たまたま、HPをチェックしていてわかりました。
※私はアクサの代理店ではありません、この記事には何の見返りもありません<(_ _)>

DSC_0404.jpg
代表的な大型犬たち(笑)

アクサダイレクトのペット保険は血統種(サイズにかかわらず、一般的な犬種)、ブリード種(超大型犬がメイン)、ミックス犬の3つにしか分類がありませんでした。しかも、年間限度額を超えなければ(70%保障で年間70万円まで)、1回の支払い限度額がない、というのもアクサの大きな特徴です。

医療費は大型犬のほうが高くなる(体重で薬の量、麻酔の量、が決まるため)のが普通ですから、1回の支払い金額が多くなりがちな大型犬には、小型犬と同じ保険料で大きな保障が得られる「超お得!」な保険だったのですが、9月からは5クラスに分類され、中、大型犬の保険料の割安感が薄れる結果になりました。

実際どう変わるかというと、クラス1がプードルやダックスなどの小型犬、クラス2が柴犬、フレンチブルドッグ、ボーダーコリーといった中型犬。クラス3がラブラドールレトリーバーやゴールデンといった大型犬、クラス4はバーニーズマウンテンドッグやピレネー犬などの超大型犬、クラス5はミックス犬(大きさ関係なく、すべてのミックス犬)です。

保険料の値上がりはどのくらいかというと、ゴールデンレトリーバー5歳、マイクロチップなし、70%保障でみると、従来ですと月額の保険料が3,340円、年間36,480円のところが、月額保険料3,860円、年間42,020円と、月額500円くらい高くなります。さらにです!同じ犬の9歳の保険料を見ると、従来は月額保険料5,750円、年間62,770円だったのが、月額6,710円、年間73,150円と、月額1,000円近く高くなるのです。

クラス1の小型犬は、5歳までは保険料が従来よりはすこし下がりますが、6歳以上になると従来の保険料よりも値上がりするため、長期的にみると「今までより値上がり」と思っていたほうが良さそうです。今まで破格の安さだったミックス犬も、値上がりします。

それともう一つ大事なことが・・・新規加入年齢も下がります!9月1日以降は、従来13歳まで新規加入できたのが、8歳までとなりますので、「そろそろ入ろうかな?」と思っていた、健康な老犬ちゃんは、本当に急いだ方がいいと思います。

とはいえ、保険というのは「誰かが得をする」というのは本来だめなことで、「相互扶助」の観点から、公平な保険料配分が求められます。今までがありがたかっただけで、「本来支払うべき保険料に適正化された」だけなのですが、保険は入ったときの保障内容が維持されますので、検討中の方はお急ぎ、加入をお勧めします。
関連記事