生食(なましょく)について 基本の話

最近立てつづけに、犬の毎日の食事に「生食を取り入れること」についてご相談を受けたので、改めて「生食(なましょく)」について書いてみたいと思います。

言葉通り、生食とは「加熱しない食材を与える」ことです。手作りすることもできますし、生食派の飼い主さん向けに様々な商品も販売されています。加熱する手作り食に比べて、食材を生で与えるため、調理の手間がかからないといったメリットもあります。肥満解消、アトピー性皮膚炎の改善、脂漏症の改善、などが「目に見えやすい効果」として挙げられます。

我が家のジャーマンシェパードは、2年前まで生食を与えていましたが、生食の場合、野菜も与えなければならないし、肉も骨、内臓を含めて与えなければならないため、2回の食餌のうち、1回を生肉(馬、羊、牛)や生野菜などの「手作り」で、1回をフリーズドライや、冷凍の「市販品」を与えていました。体重が増えにくいため、物足りないのではないか?と、ドッグフードも併用していました。

手作り食を与える、という場合、栄養のバランスを気にされる方が多いのですが、人間だって100%完璧な食事などしていないのですから、大まかに「何がどのくらい必要なのか」を把握していれば、たいした問題はないと思います。生食について書かれた本(獣医師が書いています)もありますので、参考にされると良いでしょう。

05060936_5186fb166b5d0.jpg
今までドライフードだった人が、生食と言うものを取り入れたい、と思ったら、一番簡単でお薦めな方法は、ドッグフードを30%~50%減らして、K9ナチュラルという、フリーズドライの生食フードに置き換えることです。K9を食べてくれるかどうかの心配もあると思いますので、最小量で購入し、最初は「そのまま」で与えてみます。食べるようでしたら、「ふやかさず」そのままドッグフードと一緒に与えてみましょう。

K9ナチュラルはフリーズドライなので、「水で戻す」与え方が推奨されています。しかし、生食に慣れていない現代っ子のワンちゃんたちの中には、ドリップを嫌がったり、脂肪分の多いドライフードと違ってあっさりしすぎていると感じたりして、食が進まないことがあります。なので、最初は「乾燥しているそのまま」を与えて慣らし、次にドライフードと混ぜて与え、大丈夫そうでしたら「水で戻してドッグフードや缶詰めと一緒に」与えます。

生食を与えるとすぐに、垂れ下がっていたお腹が引き締まる、ウエストがくびれてくる、といった目に見える効果がありますので、肥満の愛犬にはぜひ試す価値があります。K9ナチュラルの他に、野菜と一緒にミンチにして、1つ1つ小分け冷凍されている「バーフダイエット」という商品もあります。冷蔵庫で解凍して与えるものなので、忘れずに必要な分を冷凍庫から冷蔵庫に移しておかなければなりませんが、食べない犬はいるの?というくらい、嗜好性が高く、高品質の商品です。

久々のワイン

禁酒します!断酒します!

と宣言してから、半年くらいになるだろうか・・・お酒大好きなお客さまから「え~~~たまにはいいじゃない!」と言われ続けても、頑なに禁酒を続けておりましたが、昨年(2017年)11月に毎年恒例のドッグスクール懇親会で飲んでから、ちょこちょこ飲み始めて今に至る。何が怖いって、歯止めが利かなくなることなんですよ、はい、アル中ってのは飲酒量だけではなく、自分でコントロールできるか、できないか、が重要だそうですからね。私の場合、飲みだしたら止められないところがあって(興奮するから?!)浮かれて飲みすぎるというパターンですね。1人飲みならまだ良くて、夫と飲んでいると会話が弾んで(興奮するから?!)止まらない、とまらない。

アルコール脳症?と思うくらい、健忘がひどくなって、飲酒を止めても相変わらず健忘があって、これ(脳の退化?萎縮?)って不可逆なんですかね?でも周りに聞いたら、3歩あるいたら、何しにここに来たか忘れてる!ってみーーんな言うので、私だけじゃないんだ~っとほっとしたり(するな!)単なる老化現象ならいいんですが(イヤイヤ、よくないだろう)とにかく、飲酒は控えめにってことですよ

でもね、でもね、久しぶりのお気に入りのフルボトルの赤ワイン、ほんとーーーに美味い!!!コストコで買ってるんですが、700円台のコスパワインにもかかわらず、中身は3,000円クラスですよ!?本当です。日本航空の機内ワインとして採用されているのも納得です。まあワインなので「当たり外れ」ありますが、今日開けたボトルは「大当たり」でした、うーーーん、美味い!物置の奥に隠しておいたけど、劣化してなかった、良かった良かった。

あっとヤバい、調子に乗って飲みすぎないようにせねば、明日は犬の幼稚園の日、先生が飲んだくれているわけにはいかないのである!(だったら、休みの前日の昨日に飲んどけよ~ってハナシ)

ポメラニアンのとってもいい子ちゃん

とてもおりこうさんで、容姿端麗なポメラニアンの男の子をご紹介します
pome01.jpg

ブリーダー元で繁殖するために残されていたワンちゃんですが、メス犬との血筋の関係で繁殖を断念するということで、お預かりしています。体重1.7kg、毛葺きが良く、性格良く、ハンサム犬で、ささいなことでうるさく吠えるといった、小型犬にありがちな欠点が見られない珍しい子です。お留守番ができて、玄関チャイムに吠えないため、集合住宅での飼育、一人暮らしの方の飼育に適しています。他犬を嫌がらないため、多頭飼育にも適しています。「大型犬を飼っているけど、次飼う子は抱っこできるサイズで・・・」という方にもおススメです。

唯一、マーキングをするという欠点がありますが、トイレのしつけはできているので、オシッコ、ウンチは基本的に自分でトイレに行ってしてくれます。たまに、ポン!と置いたものや出っ張っているところにオシッコをかけることがあるため、マナーベルトをしていますが、去勢するとマーキング行為はぐっと減ると思われます。神経質なところがなく、ゆったりとしていて、甘えん坊で、とても愛玩犬向きの子です。

里親犬としてご紹介すれば、すぐに飼い主さんが決まるのはわかっているのですが、「お金を出して買う価値のある子」と私は思っています。気になる方は、ぜひ一度会ってもらえれば、この子の良さがご理解いただけると思います、ご連絡をお待ちしています!

移転・・・まだ準備中です

移転する、移転する、と大騒ぎしている犬の幼稚園ですが、内装の着工がまだ先な為、営業開始は2月になりそうです。そんな中、看板のデザインが決まり、一足先に出来上がりそうです!画像はいずれUPします、乞うご期待!(もったいぶってるわけじゃないんですよ~)

さて、最近開始した、里親募集犬のお話を少し
DSC_0321.jpg
里親候補犬の片目が不自由なチワワちゃん、だんだん心を開いてくれているように感じます。ただ、怖いと脱兎のごとく逃げようとするのと、あまりに小さくてどこの隙間に入ってしまうかわからないため、まだケージの中で生活しています。ほとんど声を出さず、機嫌の良いときは尻尾を振って応えてくれます、ご飯の食べ方はとても良くなりました!

どんなお家にも里親に出せる子ではありませんが、ある意味お留守番上手で集合住宅向き。そっと見守ってくれて、焦らずいろんなことに慣らしてくれる、愛情と根気のある方にお渡ししたい、どんどん開花していくのではないか?と思っています。

パソコン、クラッシュしそう・・・

今仕事で使っているのは、8年前に買ったNECのノートパソコン、最近フリーズするようになってきた

一旦フリーズすると、にっちもさっちもいかなくなり、強制終了をしていたが、夫(元IT関連の仕事に従事)が「それはマジでヤバイ、クラッシュする前にデータ移しとかねば」といって、外付けハードディスクに写真やら、動画やら、その他データをそっくり移してくれた。というわけで、年賀状はようやく印刷までこぎつけたのである、すべてパソコンのせいであり、私がダラダラしていたわけではないのである。

そもそも、ディスク容量が少ないノーパソなので、画像データが大量にあると、がぜんソフトを起動して使う作業が大変になってくる。その結果、動かなくなったり、固まったり・・・溜まりに溜まったキャッシュなどのせいもあるかと思うが。さらに夫は「パソコン内のほこりを吹き飛ばして除去しないと、熱がこもってクラッシュする」と言う。データ移動するだけでは、安全になったとは言えないらしい。

ことパソコンに関する事は、夫を全面的に信頼しているため、素直に「はいはい」と従う私。従う・・・といっても、夫のやることに異議を挟まないというだけで、手伝ったりはしないのだが・・・もちろん、ほこりの吹き飛ばしも夫がしてくれるもの、と他力本願なのである。という記事を書きながら、横ではプリンターがせっせと印刷を進行中である、めでたし、めでたし。

新年を迎え、新店舗どうなったん?の話

謹賀新年!新しい年の幕開けである・・・といっても、年末からドッグホテルのワンちゃんのお世話と子犬の世話、保護犬の世話、という具合に、あわただしい日常の中で「なんか、新年になったよね」的な年越しでしたが、今年も北野ドッグスクールをよろしくお願いいたします!

思えば、2017年は11月ごろから数々のトラブル、事故、事件(?)に見舞われました。14年前にドッグスクールをオープンさせてから、大きなトラブルを経験しないでこれまでやってこられたため、あまりに物事がうまくいかずに、凹んだ年末でしたが、こうして新年を迎えてみますと、これも成長と発展のために必要な痛みであったのか、と思えるようになりました。

トラブルを解決する過程で、今後どのようなことに配慮して、ドッグスクールを運営しなければならないのか、危機管理についてずいぶん考えさせられました。詳しい事はおいおい書いていきたいと思いますが、一通りの問題が落ち着いた今、気持ちを新たに前に進んでいきたいと思います。

新店舗についてですが・・・実はまだ準備中です(;^ω^) 犬の幼稚園をするためには、「犬を絶対に逃がさないための間仕切り」をする必要があるのですが、店舗を契約したのが12月も終わりに近かったため、年末年始とあいまって、着工どころか、見積もりもこれから・・・という状態。そもそも私の頭の中で、まだ内装の構想が練り練り中な為、徐々に準備を整えてオープンは2月になるかも?なんて、悠長なこと言ってます。

オープンしても、すべての業務は移せないため、当面「犬の幼稚園」「問題行動カウンセリング」「ドッグフードや用品の販売」をメインとした店舗にする予定です。限られたスペースをどう使って、ワンちゃんたちや訪問して下さるお客様が、居心地の良いと感じる空間に仕上げるか、じっくり進めていきたいと思っています。

犬の幼稚園を新店舗に移転します

平素は北野ドッグスクールをご利用いただき、まことにありがとうございます

数年前から計画しておりました、「犬の幼稚園独立、移転」がついに実り、平成30年1月中旬より、新店舗にて営業することになりました。看板、内装がまだ整っていないのと、これから年末年始にかかるため、正確な営業開始はまだ未定ですが、今までずーーーっと気になっていた、雨天時、冬季の室内での遊び、運動スペースがこれでようやく確保できました。

大型犬や、柴犬などの「多少汚れても外が好き」というワンちゃんは少数派で、大多数の室内犬は「庭に出されるより室内がいい!」と、中に入りたがる傾向があります。散歩はみんな大好きなんですけどね、ふだん室内で過ごしている小型犬にとって、室内で遊ぶのが性に合っているのかもしれません。

動物管理センターへの届け出もこれからで、通常業務と並行しての開店準備となるため、実際のオープンはずれ込むかもしれませんが、不安いっぱい、ワクワクいっぱいで、興奮しております。思えば出張訓練から初めてもうじき14年、ドッグホテル、犬の幼稚園、トリミング、子犬の販売、と業務の内容も増えて自宅は手狭になってしまいました。

こうして新店舗を構えることができるようになったのも、ひとえに、北野ドッグスクールをご利用していただいております皆様のおかげに他なりません、心から御礼申し上げます。

犬の幼稚園は名称を「HAPPY DOG」といたします、住所その他は正式な開業日が決まり次第、お知らせいたします。犬の幼稚園のご利用者じゃなくても、ぜひ遊びにいらしていただければと思います。今後とも、北野ドッグスクール、犬の幼稚園をご愛顧くださいますよう、お願いもうしあげます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。