部屋がきれいになった理由

昨日、ひさしぶりに人を我が家に迎え入れることになった、ペット保険代理店契約をする、仕事の話である。

自営業なので、仕事の話をするときは、簡単に玄関で済ませられる話以外は、自宅の居間で話をすることになる。しかし、我が家の居間はここのところ乱れに乱れていたので、「これは気合を入れて片付けねば」と、昨日から気合いを入れていた。

ちょうど高校生の二男が卒業式でのために学校が休みだったので、手伝わせて不要な荷物を2階へ上げ、混沌の極みであった仕事机上を根気強く整理し、掃除機かけと乾拭きを終えたのは約束の時間5分前だったという、ギリギリっぷりなのである。

取扱いする保険というのは、業界最大手「アニコム」である。損保であるため、代理店契約を結ぶためには試験を受けて合格しなければならないが、私は去年別の会社との契約のために取得していたため(めっちゃギリギリの合格・・・)手続きが済めば、取扱い代理店になれる(ハズ) 損保や保険が大好きな私、お客様のニーズに合った保険を提供したいため、いくつかの保険会社さんの代理店となっているが、アニコムはこんな小さな自営業は相手にしないかと思っていたら、そうではなかった。

それにしても、部屋がきれいだ、誰か遊びに来ないかな、なんでこんなにきれいになるのに、あんなにぐちゃぐちゃになってしまうのだろう?何度も断捨離しているので、不要なものはそれほど部屋にない(ハズ)なのに、いつのまにか混沌の極みに戻ってしまう。

確かに、自営業であるから、居間が仕事部屋兼になっていることも影響しているとは思うが、同業者で同じ「居間が仕事場」の方がいるが、そこのお宅は住宅展示場なみにいつもきれいなのだから、結局は使う人間の問題、自分の問題なのだろう。このきれいさを保つためには、日々努力が必要ということか。

なぜ飼い主のいうことをきかない犬になるのか

「ちゃんとしつければ、絶対いい犬だと思うんです」

私がしつけや訓練を相談された時、よく飼い主さんが口にするセリフだ、同じ気持ちの飼い主さんは沢山いるだろう。

犬がドッグトレーナーのいうことはよく聞くのに、飼い主のいうことはまったく耳をかさないのはなぜだろう。かわいい甘えっ子なのはうれしいけど、爪を切らせなかったり、おいでと言っても来なかったり、行きたくない方へはがんとして動かなかったり、やめてと言っても吠えるのをやめなかったり、自分のしなくないことは甘え顔やかわいいしぐさで「やらないで済ませる」ことに犬はとても長けている。

これは、「しつけが悪い」「しつけをちゃんとしていない」という問題ではない、と私は思っている。犬をしつける、犬にいうことを聞かせるというのは、テクニックや技術の問題ではなく、犬に向き合うメンタルの問題だと思うからだ。飼い犬が言うことをきかないと感じてる飼い主さんの行動、メンタルを挙げてみよう

・犬にいうことを聞かせる努力を「面倒」「つらい」「嫌だ」と感じてしまう
・どうせ、がんばっても自分のいうことはきかないだろう、と思っている
・犬を無視したり、犬に厳しい態度をとることを想像すると、「犬に嫌われるのでは」と思ってしまう
・犬にやらせようとがんばるより、自分がやったほうが早いし、楽だと感じる
・犬が駄々をこねると、叱るよりなだめたり、諦めてしまう
・犬に厳しい態度をとることを想像すると、悲しい気持ちになってできない

これはすべて、「犬に従いたい」「犬の愛情をかちえたい」と潜在的に望んでいる人の行動心理で、この心理状態でいる限り、愛犬はあなたのいうことはきかないし、それどころか「より自分のいうことをきかせよう」と困った行動をより多く、より強く起こすことすらある。

そういう気持ちで犬と付き合っている人が、それを変えることはほとんど不可能に近い。犬の飼い方にきまりなどない。犬は一生自立することなくペットのままなのだから、一生犬の奴隷になって暮らしたとしても自由だと私は思っている。従属を喜びと感じる人に、「威厳のある飼い主になりなさい」などナンセンスではないか。

「このままじゃいけない」と、真剣に何かを変えたいと、飼い主自身が思わない限り、愛犬も変わることはないのだから。

犬の値段の話

子犬を販売するにあたって思うこと

犬の値段は、犬の質に必ずしも比例しない

宝石などは、素人が見ても「きれい!」と感じる物は高いです、質と価格が比較的連動しています。金やプラチナは相場があるので、もっとはっきりしています。(重いものは高い)

でも、犬はどうでしょう。同じ犬種の、似たような子犬でも、片方のお店では20万円で、もう片方のお店では10万円、ということがあります。10万円の子犬は20万円の子犬より「犬質が劣っている」のでしょうか?

優秀な子犬を常に出している(見た目可愛く、健康で性格も良い、といった)ブリーダーさんの子犬は、評判や口コミで高くなることはよくあります。「ペットショップの2倍のお値段でも予約しないと買えない」ということもあります。でも、ショーチャレンジをしていないブリーダーさんの犬や、どう見てもその犬種として「違うだろう?!」という外見の子犬でも、とんでもない値段がついていることもあるのです(トイプードルで50万円以上とか・・・)

高い値段を見て「この犬はそれだけの価値があるすばらしい犬なんだ」と判断するのは、売り手の思うつぼ・・・しかし、素晴らしい子犬で親犬やそのラインの繁殖犬に相当の投資をされているブリーダーさんの犬が、良心的なお値段で売られていることもあるのです。

結局は、子犬が実際にどうか、ということが大事ですよね。ちなみに、シェパードのグインはお父さんがチャンピオン犬で、おじいさんは有名な外産犬ですが、とんでもなくお安い値段でした。「どうしてショーに出さないの?」と、シェパードを飼っていらっしゃる方に言われたこともあり、外見、性格共に「お値段以上の犬」だと思うのです。
IMG_20160619_090931.jpg



お値段以上・・・そんな子犬販売を目指していきたいです

販売犬のおしらせ

子犬の販売はじめました

私が見て、「自分の犬にしてもイイ」と思う子犬を選んで購入、北野ドッグスクールで育てながら販売します。将来ショップ開業を夢見て、はや2年。自分が目利きして、育てた子犬がお客様に喜んでいただけるものなのか・・・ショップ開業前に腕試し(?)したいと思っています。

ラブラドールレトリーバー 2016年11月15日生まれ(江別市出身)
毛色:ブラック 性別:オス
1483931894751.jpg 現在体重2.6kg、毎日すくすく育っています(*^_^*)
犬大好き、人間大好き、性質おっとりしていて初心者さんでも飼いやすいのではないか?と思います。夜鳴きしません、食べて遊んだらサークルのなかのキャリーに自分で入って寝ています、トイレもほぼ覚えていて、遊んでいてもトイレに行ってくれるというお利口さんぶり。今のところ、欠点らしい欠点が見当たらない、とってもかわいいワンちゃんです。

あけましておめでとうございます

怒涛のお正月が明け、遅ればせながら新年のご挨拶をいたします、今年もよろしくお願いします

昨年は憩室炎で入院、その後B型インフルに罹患、年末にはA型インフルに罹患、と、私の免疫システムはどこまで衰えてしまったのか!?と、嘆き驚愕した1年でしたが、新年早々また風邪をひいてしまいました(っω・`。)

どうも、憩室炎から弱くなったようです、家族全員がインフルエンザになっても、私だけは平気、という人間だったのに・・・腸の健康は体の健康というくらいで、腸が弱ると免疫も弱くなるのではないでしょうか。

ということで、今年の目標は「元気な腸になる!」・・・なれるのか?

IMG_2424.jpg 昨年迎えたトイプードルたち、手前にいるのが男の子のジョジョ、うしろでちんまりしているのが、女の子のミシェル、どちらもシルバーの毛色ですが、まだまだ黒っぽい・・・いつになったら全シルバーになるのか。

活発なトイプードルの性格のおかげで、幼稚園のワンちゃんの遊び相手をしています、というかまだまだ「遊び相手してもらっている」のですが、成長の早い小型犬なので、直に「お相手犬」として活躍してくれることでしょう。すでにジョジョの方は、柴犬でもビーグルでも体格が上の子たちとも遊びまくっております。

インフルA型罹患

一年に2回もインフルエンザにかかってしまいました、息子から移ったようです。今回はA型インフルエンザ、昨日の朝発熱して夕方病院でチェックしたら、ハイ親子でインフルエンザです!一丁あがり
1月に憩室炎で入院して以来、免疫力が落ちてるみたいです、一年に二度もインフルエンザにかかるなんて…今週はドッグスクールのすべての業務をお休みします、ご迷惑をおかけしますことをお詫び申しあげます。