メイビスの手術費用とペット保険の話

メイビスの手術費用とペット保険の話
今回メイビスが入院、手術をすることになり、急な出費がかさんだわけですが、幸いメイビスはペット保険に入っていました。

メイビスが加入していたのは、手術と手術に付随した入院費用を90%保障するという内容の保険で、保険料の安さと、いざ手術になった時の保障が厚いことが特徴です。通院や手術をしない入院は適用外なので、保険料が安く抑えられているのです。

大型犬の保険料は、小型犬に比べると高い(月払いで1,500円~2,000円)のが一般的です。なかには、犬の大小に関わらず保険料を設定している保険会社もありますが、なにかと飼育費用のかかる大型犬飼い主としては、保障と保険料を比較することに余念がありません。

最終的に通院を含めた治療費は20万円ほどになりました。そのうち、手術と入院でかかった費用は16万円、支払われた保険金は14万円でした。この保険は手術と入院で3万円以上かかった場合に適用になるとあったので、私はてっきり3万円というのは免責(自己負担)だと思っていたのですが、そうではなく、3万円以上かかった場合の手術費用と前後の入院費用の90%が保障されるということで、ラッキー!と喜んだのでした。

今回は手術と入院が治療費の大部分を占めたため、保険金で治療費が70%ほどカバーされることになり、私にとっては良い結果でしたが、やはり本来治療費としてかかるのは通院、とくに病気を確定するための検査の費用が高額になりがちです。通院費をカバーしてくれて、大型犬にも保険料がやさしいアクサダイレクトのペット保険に入ることにしました。

不死身のメイビス

実は、つい先月我が家の犬であるジャーマンシェパードのメイビスが、誤飲のためにあわや死ぬところだった。冗談とか、誇張ではなく、本当に命が危ぶまれるほどのヤバい状況だった。記事にしないつもりだったが、とあるお客様に話したところ、「症状など自分の犬が同じことをしたときに参考になるので、書いたほうがいい」と言われ、書くことにした。

ここから先は、吐いただの、下痢をしただの、というお話なので、読み進めるのは自己責任でお願いします

先月のとある水曜日の夜。グインとメイビスをいつものように庭に出し、ケージの掃除を終えて庭に戻ったら、あちこちに大量の下痢の跡がある。庭に出す前に散歩をしたが、そのときは2頭ともしっかり良い便をしていたため、「胃腸炎でもなった?でもどっちだ?」といぶかりながらも、2頭をケージに戻し、庭の掃除をしようとよくよく見たら、それは下痢ではなく嘔吐の跡だった。

まだ庭には雪が積もっているので、スコップで嘔吐物をすくって新聞紙の上に乗せていく。犬の幼稚園をしているので、感染症だとまずいな~と思いつつも、吐いた跡が4か所もあり、1か所ごとの嘔吐物の量が多く、下痢がないこと、突発的に起きたことから、「これは胃腸炎じゃなく、誤飲?!」とピンときた。

実はメイビスは誤飲の常習犯である。生後1歳未満のときに、隣のケージの上に積んであったぞうきんの山を、どうやったのか自分のケージまで引っ張りこんで食べてしまった。食べただけならいいけれど、どこかで詰まって具合が悪くなり、病院で腸のぜん動をうながす注射を打ってもらって、「これで出なかったら手術だよ」と言われたが、翌日無事に便と共に排出された。

1歳のときには、引っ張り防止散歩用のハーネスをバラバラに壊しただけでなく、食べてしまい、これも詰まって具合が悪くなり、またもや病院のお世話になった。同じ処置で再び便から排出され、手術には至らなかったが、いつかとんでもないものを飲みこんで、手術をする羽目になるのではないか?と危惧していた。

今回は、誤飲したにしても何を誤飲したのかがわからなかった。今まで何かを「丸飲み」したことはなく、おもちゃにしても、おもちゃじゃないものにしても、めちゃめちゃに壊したり、破いたりした跡があるため、何を飲んだかわかりやすかった。しかし、そういった形跡はこの数日間でなかった。散歩中の拾い食いについては、グインもメイビスもあまりすることがなく、したとしても「何食べてるの、出しなさい!」と言うと、ぼと・・・っと出してくれる。散歩中に、詰まるようなものを一瞬で丸飲みすることは、考えにくかった。

なんだかわからないけど、症状が出たのが夜だったため、木曜日に病院を受診。レントゲンでははっきりと詰まっているものがわからず、先生は腸をぜん動させることで、詰まりを悪化させるリスクがある、と言いつつも、吐き気止めとぜん道を促す注射の処置をしてくれた。しかし、夕方から急速に具合が悪くなり、水を飲んでも吐くようになったため、翌日入院して精密検査することになった。

誤飲だけでなく、急性膵炎の疑いもあるということで、メイビスを預けて家に戻ったところ、腸に何かが詰まっていることがはっきりしたため、手術をすると連絡がきた。実はこの時点で、メイビスの全身状態は急激に悪化していて、麻酔をかけるのにも危険な状態だったという。獣医師が2人がかりで、麻酔の管理、誤飲したものを除去、と分担して手術を行ったが、麻酔を何度も止めなければならないほどだった。

術後の面会に行った時、「これって生きてるの?」というくらい、ぐったりと横たわるメイビスが痛々しかった。目も開けなければ、声かけにも反応しない、腎機能の悪化と腹膜炎を起こすリスクがあり、先生が「今夜一晩がヤマです」というのも、納得できた。「メイビス頑張るんだよ!」と声かけをして帰ったものの、その晩は熟睡できなかった。

しかし、結果的にメイビスは一命をとりとめた。翌日にはおしっこが沢山出て意識もしっかりし、腎機能もみるみるうちに回復して4日後には退院することができた。最初は液状のフード(本当に液体)から、缶詰をミキサーにかけた流動食、ドッグフードをふやかしてミキサーにかけた流動食、と段階を踏んで食事をもとに戻し、腹膜炎を起こすことも、膵炎を起こすこともなく、あきれるほど早く元気になった。

犬が急に何度も吐き、下痢がなく、吐き方も突発的に勢いよく吐く場合、誤飲を疑ってすぐに病院へ行って下さい。北海道の場合、バーベキューの季節にトウモロコシの芯を誤飲することがよくあります。トウモロコシの芯は絶対に消化されることなく、高確率で詰まりますので、塊で飲みこんだ場合は要注意です。誤飲のほかに急性膵炎の可能性もありますが、こちらも緊急性の高い病気なので、早急に病院へ連れて行きましょう。

部屋がきれいになった理由

昨日、ひさしぶりに人を我が家に迎え入れることになった、ペット保険代理店契約をする、仕事の話である。

自営業なので、仕事の話をするときは、簡単に玄関で済ませられる話以外は、自宅の居間で話をすることになる。しかし、我が家の居間はここのところ乱れに乱れていたので、「これは気合を入れて片付けねば」と、昨日から気合いを入れていた。

ちょうど高校生の二男が卒業式でのために学校が休みだったので、手伝わせて不要な荷物を2階へ上げ、混沌の極みであった仕事机上を根気強く整理し、掃除機かけと乾拭きを終えたのは約束の時間5分前だったという、ギリギリっぷりなのである。

取扱いする保険というのは、業界最大手「アニコム」である。損保であるため、代理店契約を結ぶためには試験を受けて合格しなければならないが、私は去年別の会社との契約のために取得していたため(めっちゃギリギリの合格・・・)手続きが済めば、取扱い代理店になれる(ハズ) 損保や保険が大好きな私、お客様のニーズに合った保険を提供したいため、いくつかの保険会社さんの代理店となっているが、アニコムはこんな小さな自営業は相手にしないかと思っていたら、そうではなかった。

それにしても、部屋がきれいだ、誰か遊びに来ないかな、なんでこんなにきれいになるのに、あんなにぐちゃぐちゃになってしまうのだろう?何度も断捨離しているので、不要なものはそれほど部屋にない(ハズ)なのに、いつのまにか混沌の極みに戻ってしまう。

確かに、自営業であるから、居間が仕事部屋兼になっていることも影響しているとは思うが、同業者で同じ「居間が仕事場」の方がいるが、そこのお宅は住宅展示場なみにいつもきれいなのだから、結局は使う人間の問題、自分の問題なのだろう。このきれいさを保つためには、日々努力が必要ということか。

なぜ飼い主のいうことをきかない犬になるのか

「ちゃんとしつければ、絶対いい犬だと思うんです」

私がしつけや訓練を相談された時、よく飼い主さんが口にするセリフだ、同じ気持ちの飼い主さんは沢山いるだろう。

犬がドッグトレーナーのいうことはよく聞くのに、飼い主のいうことはまったく耳をかさないのはなぜだろう。かわいい甘えっ子なのはうれしいけど、爪を切らせなかったり、おいでと言っても来なかったり、行きたくない方へはがんとして動かなかったり、やめてと言っても吠えるのをやめなかったり、自分のしなくないことは甘え顔やかわいいしぐさで「やらないで済ませる」ことに犬はとても長けている。

これは、「しつけが悪い」「しつけをちゃんとしていない」という問題ではない、と私は思っている。犬をしつける、犬にいうことを聞かせるというのは、テクニックや技術の問題ではなく、犬に向き合うメンタルの問題だと思うからだ。飼い犬が言うことをきかないと感じてる飼い主さんの行動、メンタルを挙げてみよう

・犬にいうことを聞かせる努力を「面倒」「つらい」「嫌だ」と感じてしまう
・どうせ、がんばっても自分のいうことはきかないだろう、と思っている
・犬を無視したり、犬に厳しい態度をとることを想像すると、「犬に嫌われるのでは」と思ってしまう
・犬にやらせようとがんばるより、自分がやったほうが早いし、楽だと感じる
・犬が駄々をこねると、叱るよりなだめたり、諦めてしまう
・犬に厳しい態度をとることを想像すると、悲しい気持ちになってできない

これはすべて、「犬に従いたい」「犬の愛情をかちえたい」と潜在的に望んでいる人の行動心理で、この心理状態でいる限り、愛犬はあなたのいうことはきかないし、それどころか「より自分のいうことをきかせよう」と困った行動をより多く、より強く起こすことすらある。

そういう気持ちで犬と付き合っている人が、それを変えることはほとんど不可能に近い。犬の飼い方にきまりなどない。犬は一生自立することなくペットのままなのだから、一生犬の奴隷になって暮らしたとしても自由だと私は思っている。従属を喜びと感じる人に、「威厳のある飼い主になりなさい」などナンセンスではないか。

「このままじゃいけない」と、真剣に何かを変えたいと、飼い主自身が思わない限り、愛犬も変わることはないのだから。

犬の値段の話

子犬を販売するにあたって思うこと

犬の値段は、犬の質に必ずしも比例しない

宝石などは、素人が見ても「きれい!」と感じる物は高いです、質と価格が比較的連動しています。金やプラチナは相場があるので、もっとはっきりしています。(重いものは高い)

でも、犬はどうでしょう。同じ犬種の、似たような子犬でも、片方のお店では20万円で、もう片方のお店では10万円、ということがあります。10万円の子犬は20万円の子犬より「犬質が劣っている」のでしょうか?

優秀な子犬を常に出している(見た目可愛く、健康で性格も良い、といった)ブリーダーさんの子犬は、評判や口コミで高くなることはよくあります。「ペットショップの2倍のお値段でも予約しないと買えない」ということもあります。でも、ショーチャレンジをしていないブリーダーさんの犬や、どう見てもその犬種として「違うだろう?!」という外見の子犬でも、とんでもない値段がついていることもあるのです(トイプードルで50万円以上とか・・・)

高い値段を見て「この犬はそれだけの価値があるすばらしい犬なんだ」と判断するのは、売り手の思うつぼ・・・しかし、素晴らしい子犬で親犬やそのラインの繁殖犬に相当の投資をされているブリーダーさんの犬が、良心的なお値段で売られていることもあるのです。

結局は、子犬が実際にどうか、ということが大事ですよね。ちなみに、シェパードのグインはお父さんがチャンピオン犬で、おじいさんは有名な外産犬ですが、とんでもなくお安い値段でした。「どうしてショーに出さないの?」と、シェパードを飼っていらっしゃる方に言われたこともあり、外見、性格共に「お値段以上の犬」だと思うのです。
IMG_20160619_090931.jpg



お値段以上・・・そんな子犬販売を目指していきたいです

あけましておめでとうございます

怒涛のお正月が明け、遅ればせながら新年のご挨拶をいたします、今年もよろしくお願いします

昨年は憩室炎で入院、その後B型インフルに罹患、年末にはA型インフルに罹患、と、私の免疫システムはどこまで衰えてしまったのか!?と、嘆き驚愕した1年でしたが、新年早々また風邪をひいてしまいました(っω・`。)

どうも、憩室炎から弱くなったようです、家族全員がインフルエンザになっても、私だけは平気、という人間だったのに・・・腸の健康は体の健康というくらいで、腸が弱ると免疫も弱くなるのではないでしょうか。

ということで、今年の目標は「元気な腸になる!」・・・なれるのか?

IMG_2424.jpg 昨年迎えたトイプードルたち、手前にいるのが男の子のジョジョ、うしろでちんまりしているのが、女の子のミシェル、どちらもシルバーの毛色ですが、まだまだ黒っぽい・・・いつになったら全シルバーになるのか。

活発なトイプードルの性格のおかげで、幼稚園のワンちゃんの遊び相手をしています、というかまだまだ「遊び相手してもらっている」のですが、成長の早い小型犬なので、直に「お相手犬」として活躍してくれることでしょう。すでにジョジョの方は、柴犬でもビーグルでも体格が上の子たちとも遊びまくっております。